::REC WEB/レッカー車文化を考えるサイト::
有限会社ムックプラニング  〒104-0054 東京都中央区勝どき4-1-2-401 TEL/FAX 03-3531-0471

19/01 No.195

195号出動件数、利用率からはまだまだ増加の余地
災害対応、救援から「支援」という考え方


日本の自動車産業は、人口の減少、少子高齢化などの要因により、かつてのような成長は見込めない。加えてクルマ離れによる運転者の減少、法規制や車両の安全装備により故障や事故の減少が見込まれる。しかし現状、自動車保険系のロードサービスは右肩上がりの推移を見せており、口語も増加が見込めそうだ。ここではその試算と災害大国におけるレッカー業界としての対応を考えてみた。

クローズアップ:北陸の関係機関、雪害対応合同訓練実施/城南ホールディングス 会議・会合:埼玉組合、国道事務所と提携 海外レポート:インドネシアにホルムス納車 トピックス:日本総研、移動サービス実証実験 セミナー:桃田健司氏 連載:次世代の横顔:JAF茨城支部/事故車の貌(181)/リカバリーワーキング(107)

在庫有り

19/02 No.196

196号事業用自動車の事故削減に向けた10年の歩み
中部運輸局 自動車事故防止セミナー2018

国土交通省中部運輸局では、安全・安心なクルマ社会の実現に向けた取り組みとして「自動 車事故防止セミナー2018」1月24日、名古屋市内のホールで開催、600名の定員を上回る来場者があった。テーマは「事故防止のいま、事故防止の未来」で、専門家の講演の後、運送事業者を交えてパネルディスカッションも行われた。

セミナー:中部運輸局 自動車事故防止セミナー クローズアップ:導入進むXCMGレッカー 会議・会合:BSサミット賀詞交歓会 製品ガイド:タダノ/古河ユニック/極東開発工業 ニューフェース:緊急レッカー隊 イベント:オートモービルワールド 連載:次世代の横顔:緊急レッカー隊/事故車の貌(182)/リカバリーワーキング(108)

在庫有り

19/03 No.197

197号「車中泊避難」にEVができること 
実践「日産でやってみよう車中泊」

日産は、災害時など「もしもの時」に役に立つ、車中泊を実際に体験するプログラム「日産でやってみよう車中泊」を、3月2〜3日の1泊2日で日産グローバル本社ギャラリーにて開催した。
このイベントは災害時の車中泊をテーマに参加者を公募、クルマ旅の専門家や災害リスクアドバイザーによるトークセッション、そして車中泊を実際に体験するワークショップなどのプログラムが行われた。災害時の「車中泊という避難形態」にEVがどのような支援ができるのか、をテーマとしたものだが、災害を支援する立場から車中泊に対して「何ができるのか」を考察してみたい。

クローズアップ:日産でやってみよう車中泊 ニューフェース:福岡工業社 トピックス:コンビニの時短営業/スペインのタクシーデモ/ロータスクラブ 製品ガイド:古河ユニック 現場発:事業用事故調査委員会報告 セミナー:自動車輸送技術協会 イベント:スマートモビリティチャレンジ 連載:事故車の貌(183)/リカバリーワーキング(109)

在庫有り