::REC WEB/レッカー車文化を考えるサイト::
有限会社ムックプラニング 〒104-0054 東京都中央区勝どき4-1-2-401 TEL/FAX 03-3531-0471
2018年6月号 Vol. 188



188

ドライバー異常時対応システム開発
日野 今夏、セレガに搭載し発売

 日野自動車は5月21日、ドライバーの急病等の異常発生時の車両停止を支援する「ドライバー異常時対応システム(EDSS:Emergency Driving Stop System)」を開発したと発表。今夏、大型観光バス「日野セレガ」に標準装備し、商用車として世界で初めて商品化する予定。
 日野は、「『交通事故死傷者ゼロ』に積極的に貢献していく」という方針に基づき、安全技術開発に取り組んでいます。近年、ドライバーの健康状態が急変したことによる事故が複数発生しており、この対策となる技術の開発も進めてきた。

クローズアップ:ドライバー異常時対応システムを開発 研修・訓練:レッカー議連勉強会 イベント:ジャパントラックショー2018 会議・会合:静岡県レッカー組合総会/JHR総会 連載:次世代の横顔:尾浦自動車/事故車の貌(174)/リカバリーワーキング(100)