::REC WEB/レッカー車文化を考えるサイト::
有限会社ムックプラニング 〒104-0054 東京都中央区勝どき4-1-2-401 TEL/FAX 03-3531-0471
2017年5月号 Vol. 175

175

避難者の7割車中泊、課題山積
熊本地震1年 最前線の2社に聞く

 観測史上初めて2度の震度7を観測し、熊本、大分両県で震災関連死を含む225人が犠牲となった熊本地震は発生から1年を迎えた。今回の地震では治まらない余震や、それに伴う家具などの倒壊を恐れて「車中泊」する避難者が続出、指定避難所の利用を大きく上回ったことが注目されている。「緊急時」「カーライフ」をロードサービス業界としてサポートできることはないのか。車中泊をキーワードに熊本地震を振り返ってみた。また、熊本に本拠を構えるレッカー会社2社に、発災時の状況、初動対応、業務への影響などを聞いた。東日本大震災と異なり、自動車の案件は多くないかと思っていたが話を聞いてみると大きく違っていた。

特集:熊本地震1年 エリアのレッカー:熊本旭運輸/日本軽便急送 研修・訓練:レッカー議連勉強会予告 クローズアップ:レッカーの緊急指定要望 連載:次世代の横顔(22)/事故車の貌(161)/リカバリーワーキング(87)