::REC WEB/レッカー車文化を考えるサイト::
有限会社ムックプラニング 〒104-0054 東京都中央区勝どき4-1-2-401 TEL/FAX 03-3531-0471
2019年6月号 Vol. 200


200

都市高速新時代
災対法の責務に対応
阪神高速
レッカー車2台配備、運用開始

 阪神高速道路はこのほどレッカー車を導入、この4月からグループの阪神高速パトロールによる運用を開始している。平成26年に改正された災害対策法の「有事の際の交通管理者による道路啓開」という責務を果たすことがこの背景にある。導入したレッカー車はクレーンを装備したホルムス600Rで大型車登録になり、大阪と神戸の管理局に1台ずつ配備されている。レッカーの製作および隊員のトレーニングはヤマグチレッカーが担当した。高速道路会社によるレッカー車の配備は首都高速に続くもので、阪神高速と同時に名古屋高速も導入、都市高速の新たな潮流となりそうだ。

クローズアップ:阪神高速、レッカー車2台配備 会議・会合:NCW総会/静岡県組合総会/JHR総会 現場発:レッカーサービス110 イベント:人とくるまのテクノロジー展 セミナー:MaaSを日本に実装するための研究会 連載・次世代の横顔:カーサービスいずみ/事故車の貌(186)/リカバリーワーキング(112)